入院率は大阪・兵庫・宮城でステージ4 新型コロナ新指標、多数が自宅療養か

 新型コロナウイルスに感染し療養中の患者のうち入院中の割合を示す「入院率」が、大阪、兵庫、宮城の3府県で、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)相当の25%以下だったことが、厚生労働省の公表データで分かった。 […]

Continue Reading

ファイザー製ワクチン全員分9月に調達 首相、追加供給で実質合意

 菅義偉首相は、米製薬大手ファイザー社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)との電話会談で、日本が新型コロナウイルスワクチンの追加供給を受けることで実質的に合意した。河野太郎行政改革担当相が18日のフジテレビ番組で […]

Continue Reading

自宅療養、大きい家族への負担…コロナ「感染記」出版「明日はわが身と考えて」

 東京や関西など6都府県に蔓延防止等重点措置が適用され、再拡大の様相を呈している新型コロナウイルス。日々の報道をはじめインターネットなどには関連情報があふれるが、自分が感染したり身近に感染者がいないため、なかなか実感がわ […]

Continue Reading

アレルギーもハラルも表示、食の安全守る絵文字「フードピクト」 

 言葉がなくても、料理に含まれている原材料が一目で分かる絵文字「フードピクト」の利用が進んでいる。アレルギーを引き起こしかねない小麦や卵などがイラストにしてあり、令和元年には大阪市で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会 […]

Continue Reading

北海道、市町村の9割「人里にヒグマ出没」 脅威感じるも侵入経路断てず

 市町村の9割超で人里にヒグマが出没-。こんな結果が総務省北海道管区行政評価局の調査で分かった。ヒグマは北海道のほぼ全域に生息し、近年は市街地で出没が多発。繁殖期の5~7月は行動範囲が広がり、住民を脅かす騒動も起きている […]

Continue Reading

コロナで後手にまわる結核患者数の把握 追跡調査などに遅れ、感染拡大懸念

 2020年に新たに結核と診断された患者の報告数が予想を大きく下回ったことが、結核予防会結核研究所(結核研)のまとめで分かった。患者自体が減ったわけではなく、新型コロナウイルス感染症の流行で健診受診者が減ったり、接触者追 […]

Continue Reading

「蔓延防止」域外に人の流れ、夜間営業長い地域求めてか データ分析

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用された地域の多くで夜の人出が減少する一方、適用されなかった地域では人出が増加していたことが15日、スマートフォンの位置情報を基にした人出データの分析で […]

Continue Reading

「救急搬送困難事案」東北では仙台市消防局が突出 病床逼迫が影響か

 救急患者の搬送先がスムーズに決まらない「救急搬送困難事案」が、東北では仙台市で増えている。仙台市は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新型コロナ特別措置法に基づく「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の対象地域となっており […]

Continue Reading

コロナ代替ワクチンは「ヨーグルト」 韓国で騒動、専門家は効能否定

 【ソウル=時吉達也】新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、「ヨーグルト飲料がウイルスを8割近く抑制する」との研究成果が韓国で発表され、商品が一斉に売り切れるなどの騒動に発展した。専門家は発表内容が誇張されているとして“ […]

Continue Reading

若者の新型コロナ変異株感染、従来型より割合高く 学校や家庭での対策徹底重要

 新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、大阪府は14日、学校でのクラブ活動の原則休止などの対策を示した。新型コロナの変異株が、従来型と比べ若年層の感染の割合が高い傾向にあることがその理由だ。ただ専門家によると、変 […]

Continue Reading

対コロナで集団接種支えるベンチャー技術、運営検証モデルや予約システム始動

 65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が国内で始まった。全国の自治体にワクチンが順次供給され、5月の大型連休後には集団接種が本格化する見通しだ。この集団接種をベンチャー企業が支えている。 (産経 […]

Continue Reading