ES細胞だけでマウス卵巣の組織 九大など世界初作製

 九州大などの研究チームは16日、多様な細胞に変化できるマウスの胚性幹細胞(ES細胞)だけを使い、卵巣の中で卵子を形成し成熟させる組織「卵胞」の作製に世界で初めて成功したと発表した。人の卵胞作製にも応用できるとみられ、不妊治療の研究に役立つ可能性があるとしている。
(産経BIZ)