離職看護師、接種で活用 行革相、コロナワクチン

 河野太郎行政改革担当相は18日のフジテレビ番組で、看護師資格を持ち離職中の「潜在看護師」を新型コロナウイルスワクチンの接種現場で活用する方針を明らかにした。「働いていない看護師を一生懸命、掘り起こしている。接種会場への派遣を認めていく」と述べた。
(産経BIZ)