汚染区画に看護師詰所か 新型コロナ病床をめぐり内紛の旭川医大病院

 旭川医科大病院(北海道旭川市)が昨年11月に新設した新型コロナウイルス感染者用病室の区画が「不完全」とされたまま施錠されている。感染者が利用する区画内にナースステーション(看護師詰所)があるなど感染防止対策が不十分との声があるためだ。同大では昨年11月の軽症患者受け入れをめぐる学長と病院長の意見対立が内紛に発展し、当時この病室が使用可能だったかどうかが争点化している。受け入れは可能だったのか。
(産経BIZ)