新型コロナ自宅療養者を看護師が訪問 大阪府が枠組み創設

 大阪府は15日、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者を看護師が訪問し、健康状態を確認する枠組みを創設したと発表した。患者の容体を確認し、必要があれば医師のオンライン診療や入院などの措置を取る。吉村洋文知事は感染「第5波」で自宅療養者が急増することを想定し、記者団に「初期対応が重要だ。看護師が訪問することで重症化を防ぎたい」と述べた。
(産経BIZ)