大阪で医療従事者のワクチン接種に遅れ 「第4波」打撃大きく

 全国で新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種が進む中、大阪府で医療従事者への接種が当初の計画通りに進んでいない。全国で2回の接種を終えた医療従事者は5割を超えたが、感染拡大「第4波」で医療体制が逼迫(ひっぱく)した府では4割ほどにとどまる。府内自治体では高齢者向けの接種会場で出たキャンセル分を活用するなどし、医療従事者への接種促進を図る。
(産経BIZ)