厚労省、日本人の新型コロナワクチン効果検証に着手

 厚生労働省研究班が、国内で使われている新型コロナウイルスワクチンの効果の検証に着手したことが6日、分かった。1500人規模の対象者を接種の有無で分け、感染した人数などを比べる。これまで承認されたワクチンは主に海外の臨床試験(治験)のデータを基に判断されており、遺伝的特徴が異なる日本人にどれだけ効果があるのか詳しく調べる。
(産経BIZ)