創薬・供給「安保」の視点で戦略立案 自民提言案

 自民党の社会保障制度調査会「創薬力の強化育成に関するプロジェクトチーム(PT)」(座長・橋本岳元厚生労働副大臣)がまとめた医薬品産業に関する提言案の全容が2日、判明した。新型コロナウイルスのワクチン接種が欧米諸国に比べて後れをとったことを踏まえ、危機管理上の観点から「医薬安全保障戦略」の確立を訴えているのが特徴だ。産業政策と安保政策を統合的に扱う司令塔の設置を求めている。
(産経BIZ)