ワクチン接種行為、歯科医への拡大に慎重 加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、医師や看護師のみに認められている新型コロナウイルスワクチンの接種行為を歯科医らに拡大する可能性について慎重な見解を示した。「現時点で具体的に検討していない」と述べた。同時に「国民に安心して接種してもらえる体制の構築に向け、必要なことはいろいろ考えていきたい」とも語った。
(産経BIZ)