ワクチン供給難、静岡市で顕在化 完了は来年にずれ込む恐れも

 静岡市は21日、新型コロナウイルスのワクチン供給量減少を踏まえ、8月16日以降の接種スケジュールを見直すと発表した。田辺信宏市長はこの日の記者会見で「当初予定の171箱に対し117箱しか供給されないことが想定され、接種ペースを落としていかなければいけない」と述べた。
(産経BIZ)