コロナ感染の9割超が50代以下、五輪中の拡大懸念 都モニタリング会議

 新型コロナウイルスの感染状況を分析する東京都のモニタリング会議が15日、都庁で開かれた。6月半ば以降、新規感染者の9割超を50代以下が占め、感染者の主体が若・中年層に移行していることが報告された。専門家は、開幕目前の東京五輪でも若・中年層が応援や盛り上がりの中心になる可能性があるとして、大会期間中の感染拡大に懸念を示した。
(産経BIZ)