コロナ国産薬も周回遅れ懸念 抗体カクテル療法承認

 厚生労働省が19日、国内の製造販売を特例承認した新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「抗体カクテル療法」は、欧米の製薬企業が開発し、国内販売は中外製薬が担う。国産の治療薬開発は、ワクチンに続き、海外製に先行を許した形だ。国内の各製薬企業は治療薬開発を急いでいるが、ワクチンの二の舞にならないかとの懸念は依然残っている。
(産経BIZ)