「これは災害」大阪の中等症病院に危機感 患者コロナ重症化も転院先なく

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがきかない大阪府で、重症病床が逼迫(ひっぱく)している。全国初のコロナ専門病院として中等症患者に対応してきた大阪市立十三市民病院(同市淀川区)では、症状が悪化しても転院先が見つからない患者の治療も続けている。西口幸雄院長は「用意する病床を上回るスピードで感染が拡大している」と危機感を募らせている。
(産経BIZ)